読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

ドイツにもあった!スイカ

ドイツ人の方も言っていましたが、今年の夏は涼しい…らしい。7月に入っても涼しい(というか、肌寒い?)日が続いて、半袖も着ないで夏が終わるのかなーと思っていました。

 

しかし、やっぱり季節は夏!

7月も中頃から暑くなりだし、最高気温が30℃オーバーの日もちらほら。

ドイツは湿気が少ないので、さすがに日本ほどの暑さではないけれど、クーラーなどの冷房設備が整った場所は少ないので、35℃近くになる日は家にいても苦しいです😲

 

毎日パン生活の我が家でも、こんなに暑い日はパンを食べる気にもなれず。

そうめん食べたい…

ところてん食べたい…

かき氷食べたい…

と日本の夏の味覚を思い浮かべては、食べられないもどかしさを感じます。

 

…いや、日本食スーパーにも売ってるから、食べようと思えば食べられるんだけどね💦

ただ、日本の2倍も払って買うのがちょっと悔しいだけなのです😓

 

 

さてさて、ドイツにもとうとうやってきた短い夏!!!

暑い日をどう乗り切るか⁉︎と考えていたところ、スーパーで救世主に出会いました✨

f:id:deutschlife:20160728032330j:image

そう。夏の風物詩、スイカさん🍉✨

 

ドイツにもあったんだ〜😆と感動です!

 

前々から彼の存在は知っていたのですが、「スイカ=夏」という私の中の方程式があるため、今まで買ったことはありませんでした。

ドイツでは普通に冬でも売ってるんですよ、スイカ。

 

ドイツ名は「Wassermelone」。英語の「Watermelon」をそのままドイツ語に訳しただけっていう… 笑

 

大きさも小玉から大玉までいろいろ。

先ほどの写真の大きさで、1.3€くらい(特売価格)と200円しないで買えました。普段でも400円弱。

日本に比べると安い!!!

 

切ってみるとこんな感じ。

f:id:deutschlife:20160728033034j:image

あれ?種が…極小⁉︎

 

皮ギリギリまで甘く、種も少ない&小さいので、とっても食べやすいです。

食欲が湧かなくても、スイカならぺろっと食べられてしまう。

 

 

30℃超えるような暑い日は、あと何回くらいあるかなぁ?

スイカがあれば、冷房無しでも乗り切れそうです👍