読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

街路樹から落ちてきたものは?

気候がだいぶ秋っぽくなってきた9月下旬、歩道を歩いていたら、街路樹から何か落ちてきました。

 

f:id:deutschlife:20160924143106j:image

 

これは、もしかして。。。

 

栗?🌰❓

 

でも、なんか違う?

 

 

よく見たら殻が違うかな。

トゲトゲが太くて少ない。

 

中身も違うような。。。

 

そして、次から次へと落ちてきます。

 

木は結構高く、頭に落ちてきたらやばいかも。。😱

f:id:deutschlife:20160924145641j:image

 

 

お掃除のあとを発見。

f:id:deutschlife:20160924143300j:image

こんなに落ちてきてるのね。。。

 

 

栗っぽい何か、家に持って帰って中身を調べてみることにしました。

f:id:deutschlife:20160924160425j:image

 

半分に割るとこんな感じ。

f:id:deutschlife:20160924160157j:image

切り口からヘーゼルナッツのような香りがします。

そして表面は少し油っぽい。

 

殻を剥ごうと思いましたが、実にべったり張り付いてました。

f:id:deutschlife:20160924160438j:image

残念ながら、これが限界。。。

いやー、固かった。笑

 

 

 

殻まで剥いてみましたが、

これは、・・・・・栗ではないかな。

 

 

 

インターネットで調べてみると。

この木はセイヨウトチノキ。つまりこの実は、トチの実。

ヨーロッパでは、セイヨウトチノキを街路樹とすることが多いらしく、フランスのシャンゼリゼ通りの街路樹もこの木だそうです。

(Wikipedia参照)

 

ヨーロッパの秋の風物詩?のトチの実。

見つけたら日本のドングリ感覚で拾ってみてはいかがでしょうか?