読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

Düsseldorfは危険?

今回は昨今のテロの脅威ではなくて、スリや強盗の話です。

 

ヨーロッパの中でも比較的安全と言われているドイツ。

イタリアやスペインと比べると、スリや強盗等の犯罪件数は少ないですが、日本領事館によると、ドイツでは、日本の4倍以上の犯罪が発生(殺人事件は日本の約2倍、強盗は約13倍、窃盗は約2倍)、そしてNRWはドイツで1番犯罪が多い州で、人口が近い東京都と比べ、犯罪発生率は9倍以上というデータも。

特にドイツ国内で大都市別に犯罪発生率をみると、2位がデュッセルドルフ、4位がケルンとなっており、犯罪内容は、スリ・車上荒しが多いそうです。

 

デュッセルドルフで、日本人が特に注意した方がいいのは、中央駅とその周辺エリアのImmermannstraßeとCharlottenstraße

 

 

Düsseldorf Hbf(中央駅)
ヨーロッパの大きい駅及びその周辺はスリがたくさんいます。デュッセルも例外ではありません。
人ごみに紛れて財布をすってきます。
カバンが知らない間にあいてて、気づいたら財布が無いというケースも。

駅で切符を買う時に、財布をしまった場所を見られている可能性があるのも注意。

カバンを見てない間に置引されるというのもよくあります。

また駅内のレストランでも注意が必要。急に入り口で騒ぎだした人がいて、そっちに気を取られいる間に、自分の横にあったカバンを置引されたって話も聞きました。

 

Immermannstraße

中央駅からほど近い、日本食レストランがたくさんある大通りです。

ここでは、日本人を狙ったスリや強盗が多発しています。

特に日本食レストランでお酒を飲んだあとが危ないらしいです。

日本の雰囲気を思い出して、警戒心が緩くなったところを、狙われているとのこと。

また、この辺りは日本からの出張者も多いのですが、出張者の被害もあとを絶ちません。

他にはタクシーでホテルに到着し、荷物をトランクからおろしている時にすられたり、白昼堂々と電話中の携帯電話を強盗されたりした例があります。

日本人が多くても、やっぱりここはドイツ。

特に日本人は狙いやすいんだとか。。

確かに、特に出張者っぽい日本人は、僕の目から見てても、狙われやすい気がします。

  

Charlottenstraße

これは、先ほどのImmermannstraßeと直角に交差している通りです。

とにかく強盗が多いです。二人組に羽交い締めにされて、貴重品を盗られる。ナイフで脅迫されるという事件がありました。

同僚のドイツ人は、昼間でもこの通りは避けると言っています。

U BahnのOststraße駅で降りると、Oststraßeと反対側の出口が、この通りになります。

 

ホームで携帯を触るのも注意してください。電車が来た時に無理矢理とられて、殴られて怯んでる間に、電車で逃げられることも。

車内にいる時は、特に停車中に注意をして下さい。

 

ここ1年でデュッセルドルフは大分物騒になり、今まで犯罪が少なかった地域でも強盗事件が多発しています。

特に数人のグループで襲ってくることが多いそうです。

最近は週に数回ペースで強盗が発生。。

 

被害にあう確率を下げるには、夜間や人がいないところは極力歩かない、カバンは常に身につけておく(特にカバンの口は常に自分から見える位置に持つ)、貴重品は取られにくいところにしまう(ズボンの前ポケット等)、周囲を注意していることをアピールする、等してください。

スリや強盗は狙い易い人を狙うので、これだけで全然違うんだとか。

  

それでも運悪く、強盗にあったり脅された場合は、おとなしく従ったいいとのことです。彼らの目的はお金なので、逆らわなければ命の危険は少ないとのこと。

 

日本人が多くてもDüsseldorfはやっぱりドイツ、日本とは違うので注意が必要ですね。