読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ不思議発見!

デュッセルドルフ在住・海外暮らし初心者の夫婦が日々の生活で発見したドイツの不思議を書き綴ります

日曜日は安息日 ~定休日にご注意を!!!~

ドイツに来て1番不便だと思ったこと。


それは、日曜・祝日にお店が開いていないことです。
スーパーマーケット、ドラッグストア、洋服店などは、駅や空港などの一部の場所を除き定休日です。
月曜日が祝日だと、日月と続けてスーパーは閉まります。。。

 

唯一の救いは、レストランは日曜・祝日も開店してることかな。
 
観光地や街中を土日で比較するとこんな感じです。
 
Altstadt Uerigeの前
f:id:deutschlife:20160404150356j:image
 
Schadowplatz
f:id:deutschlife:20160404150423j:image
 
Schadowstraße
f:id:deutschlife:20160404150558j:image
 
ご覧の通り、日曜日はガランとしています。笑
 
ドイツ人の同僚に「日本は日曜日にもスーパーに行けるし、服も買えるんだろ、クレイジーだな!!!がっはっはっ」
と言われましたが、即座に
「日本はヨーロッパのスタンダードと一緒だよ」と答えました。
しかし…調べてみたら、ドイツの方がスタンダードだった😱!!!
他のヨーロッパ諸国でも日曜・祝日は定休日のところが多いようです。(観光地や大都市では日曜日も開店しているらしいけど)
ただし、法律で日曜・祝日をお休みにしているのはドイツだけ。。
 
 
「日曜日は何してるの?」って聞いたら、
「リラックス」と即答されました。
 
ドイツの日曜日は家で静かに大人しくしてるのがスタンダードみたいです。
 
もともと日曜日は、キリスト教の安息日にあたります。
クリスチャンの方々は教会へ礼拝に行っているみたいです。
 
 
稼ぎどきの日曜日を休んで、洋服屋とかどうやって儲けてるんだろう?
と思うのは日本人ですね。笑
 
 
日曜・祝日にどうしても何か必要になったら、ガソリンスタンドか中央駅、もしくは空港に行ってください。
また、国境線近くに住んでいる人は、ドイツ国外に行くのもありです。
デュッセルドルフはオランダ・ベルギーの国境と近いため、日曜日に国外逃亡している外国人がたくさんいます。笑
(一部アクティブなドイツ人も)
 
 
そうは言っても、住んでいるうちに大分慣れてきました。
絶対に慣れない‼︎!と思ってましたけど、意外とやっていけてるから不思議なものです。笑
 
日本に帰ったら、今度は逆に、24時間経営のコンビニやスーパーがクレイジーに見えるのかな?